孤高のグンブロ

群馬在住サラリーマンが地元中心に情報を発信するブログ。

朝食を変えるだけで便秘が治る!?便秘知らずの食べ物とは?

SPONSORED LINK

こんにちは。みなさんお腹の調子はどうですか!?私はすこぶる絶好調です。

私の周りの人は結構便秘という方がいらっしゃいます。

便秘辛いですよね。私はあまり経験ないですが...w

体質的な問題もあると思いますが、食生活で変わると私は思っています。

そんな便秘知らずの私は毎日、朝食で食べているものがあります。

その朝食のおかげで便秘知らずなのでは、と思いましたので

今回ご紹介させていただきます。

 

そもそも便秘とは?

一般的に、3日以上排便がない、もしくは1週間の排便回数が2回以下の方を便秘といい

ます。

便秘にも様々な種類があり、その原因や症状は多種多様です。

便秘の原因は下記の要因によるものがほとんどとなっております。

  • 食物繊維不足による便秘
  • 運動不足による便秘
  • ストレスによる便秘
  • 腸内環境の悪化による便秘
  • 水分不足による便秘
  • 病気・薬の副作用による便秘

今回は朝食に視点を置いた解決方法になるため、

まずは自分がどの要因で便秘になっているか見定めましょう。

 

何を食べればよいのか?

今回は私が毎朝かかさず食べている4点を説明と共にご紹介したいと思います。

バナナ

f:id:fc-clubbarca11:20170401084304j:plain

  • オリゴ糖

オリゴ糖は、みなさん聞いたことがあるでしょう。

「ビフィズス菌」のエサとなる物質なのです。

ビフィズス菌は言わずと知れた、善玉菌の王様のような存在。

このビフィズス菌にエサを与えることで繁殖を促し、

腸内環境が改善しその結果、便秘も解消されます。

 

  • 食物繊維

それほど多く含まれている訳ではありませんが、

食物繊維の中でも、水分を吸収して膨らむ性質を持っている、

「不溶性食物繊維」を含んでいるのです。便が硬いと便秘になりやすいですよね。

この食物繊維の働きにより、弁に水分が含まれて便秘になりにくくなるのです。

バナナはオリゴ糖により腸内環境を改善し、

不溶性食物繊維で水分たっぷりの便を作り出す。

この2つの要素で便秘を解消させてくれるのです。

 

野菜ジュース

f:id:fc-clubbarca11:20170401084315j:plain

  • マグネシウム

マグネシウムは水分を含みやすいという性質があり、

腸の中で便にまじることで水分量を増やしてやわらかくする作用を持っています。

腸管が狭まり便がつまってしまう方はマグネシウムを多めに摂取し

軟便や水便の状態にすることで狭まった腸管を

容易に通り抜けることができるでしょう。

 

  • ビタミンC

ビタミンCはこの善玉菌を活発にする効果があります。

善玉菌の代表格といえば乳酸菌ですが、この菌はビタミンCが大好物。

腸内にビタミンCが入ってくると、

それを餌に瞬く間に増えて腸の動きを活発にしてくれるのです。

またビタミンCは「抗ストレスホルモン」という、

ストレスに対抗するホルモンの材料にもなります。

ビタミンCをたくさん摂るとストレスへの抵抗力もアップし、

便秘が解消しやすくなります。

 

ヨーグルト

f:id:fc-clubbarca11:20170401084323p:plain

  • ビフィズス菌

ビフィズス菌は赤ちゃんからお年寄りまで、

人間の腸内に最も多く存在している善玉菌です。

ビフィズス菌を摂取することで腸内の善玉菌を増やすことにつながります。

善玉菌が増えれば、便秘の原因のひとつである悪玉菌を減少させることができ、

その結果として便秘の解消を期待することができます。

 

  • 乳酸菌

乳酸菌は炭水化物等を分解して、乳酸をつくる細菌の総称です。

腸内に生きたまま入ってきて多くの乳酸をつくることで

腸の運動を活発化させてくれます。

腸内の善玉菌を育て、悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境を整えてくれるのです。

また、栄養分の消化と吸収を促し免疫細胞を活性化させる作用もあります。

腸内の健康をサポートしてくれる大切な菌、それが乳酸菌なのです。

腸内細菌のバランスを整えてくれる役目を持っています。

 

納豆

f:id:fc-clubbarca11:20170401084332j:plain

  • 納豆菌

納豆菌は生命力が非常に強い菌です。

乳酸菌は酸素を嫌いますが、納豆菌は酸素があっても生きていられます。

腸内でしっかりと繁殖し、弱ったビフィズス菌を安定・増加させる働きがあります。

また納豆菌には大豆オリゴ糖が含まれており、

これが腸内にいる善玉菌の大好物でもあります。

このオリゴ糖を善玉菌がたくさん摂取することで腸の働きが活発になり、

便秘改善に繋がります。

 

そもそも朝食べないといけないのか?

特に朝でなくても大丈夫です。

というか朝ではなく夜食べたほうが効果的です。理由としては、

 

腸はゴールデンタイムの夜10時から深夜2時の間に最も活発に動く

 

からです。このゴールデンタイムの2時間から3時間前に、

上記の食べ物を食べると効率よく腸を整えることができます。

寝る前の2~3時間前に摂取すると大きな効果が期待できそうです。

 

まとめ

つらつらと綴ってきましたが、これは個人的に続けている事ですので

人によって個人差があると思われます。

ただオリゴ糖とビフィズス菌は腸内環境を整える上で

最強コンビらしいのでサプリとかで摂取するのも良い手かもしれません。

今回挙げた食品は副作用の心配もありませんので、

一週間程度試してみてはいかがでしょうか。改善しなかったらすいませんwではでは。