孤高のグンブロ

群馬在住サラリーマンが地元中心に情報を発信するブログ。

LINEPayって最強なんじゃないか!?お得還元率2%。~節約クレジットカード~

SPONSORED LINK

f:id:fc-clubbarca11:20170607201854p:plain

どうもリーマンです。大金持ちでなくて良いので、小金持ちくらいにはなりたいもんです。お金を稼ぐよりは節約に力を入れていきます。そんなときにクレジットカードのポイントって結構節約につながりますよね?「塵も積もれば山となる」です。だいたい0.5%もしくは1.0%が普通だと思いますが、色々と還元率の高いクレジットカードを探している中、私は発見してしまいました。最強還元率のクレジットカードを。こちらです。

 

 

LINE Payカード

f:id:fc-clubbarca11:20170307165907p:plain 

これはLINEを使って使用するプリペイド式のクレジットカードになります。スマホを持っている方でしたら、必ずインストールされているLINE。そのLINEと連動しているクレジットカードになります。 使い方もとても簡単で、

チャージして使う 

これだけです。最近流行りのデビットカードみたいなものです。今回はこのカードのメリットとデメリットについて説明します。

 

メリット

JCB加盟店であればほとんどのお店で使用できる

LINEPayカードはJCBですので、JCBが使えるお店であればほぼすべてのお店で使用することができます。日本国内であれば困ることはなさそうです。稀に使えないお店がありますが、その点についてはデメリットでご紹介します。

年会費が無料

もちろん年会費は無料となっています。ですので、とりあえず作っておいて損はないと思います。

還元率が「2%」

LINEPayカードの最大のメリットでしょう。どんな買い物をしてもLINEPayで支払えば2%分のポイントが獲得できます。もちろんポイントの使用期限はありません。私は半年で6000ポイント程獲得することができました。ただ、一回の上限金額は100万円なので注意が必要です。

海外でも使える

これも素晴らしいメリットです。日本国内でなくクレジットカード同様、海外でも使用することができます。海外旅行でハワイで使用しましたが問題ありませんでした。レートも自動計算してくれます。

リアルタイムにポイントが確認できる

LINEと連動するのでLINEアプリを使っている方であれば、自分がいまどのくらいポイントが貯まったいるのがすぐ見ることができます。毎回ログインする必要がないので楽ですね。

 

デメリット

JCB以外の加盟店で使用できない

こちらは通常のクレジットカード同様ですのでそんなに問題ないと思われます。基本的にはJCBが使えるかどうかお店に確認してみましょう。

公共料金の支払いができない

最近では公共料金の支払いもクレジットカードが使用できますが、LINEPayは使用することができません。また、家賃等の月々定期的に落とされる支払いには対応できていないようです。

ガソリンスタンドで使用できない

LINEPayは基本的にJCB加盟店であれば使用できるのですが、ガソリンスタンドでは使用できません。明確な理由はわかりませんが、色々調べた結果、普通のクレジットカードにはICチップが埋め込まれているらしいのですが、このLINEPayカードにはICチップがついていないからみたいです。ですので、ガソリンスタンドに限らずICチップの確認をしている店舗等では使えません。レンタカーの支払いもLINEPayでは支払えませんでした。

支払上限がある

一回の支払い上限額が100万円となっています。こちは「LINEMoney」のアカウントでの上限となっています。「LINECash」では10万円となっていますので注意しましょう。

分割支払いができない

一括払いしかできません。LINEPayカードはプリペイド式のクレジットカードなので、お金がないときに分割で支払えませんのでこちらも注意が必要です。

 

まとめ 

多少の弱点もありますが、それ以上にメリットの方が大きいと思います。特に還元率に関しては素晴らしいですね。デメリットに書いてある通り、使えない場合もありますので、通常のクレジットカードとLINEPayを両方持っておきましょう。基本的にはLINEPayで支払い、使えない場合に通常クレジットカードで支払うというのがポイントを効率良く貯める使い方になりそうです。興味を持った方は色々自分で調べてみるといいですよ。ではでは。

 

追記

セブン銀行ATMでの入出金に対応へ

linecorp.com